イベントを会場で実施しオンラインでも配信するハイブリッドイベントを作成する場合、2つのイベントページに分ける方法と、1つのイベントページにまとめる方法があります。

 

1. 会場参加とオンライン参加それぞれのイベントページを分けて作成し、相互リンクさせる場合

 

  • チケット購入者の誤解を招かないよう、それぞれのページが、[会場参加]/[オンライン参加]どちらの申し込みページなのか、分かりやすく作成してください。
  • イベントのタイトルや本文、チケットの表記などに、[会場参加]/[オンライン参加]と記載することをおすすめします。
  • イベントページの会場は、それぞれ以下のとおり設定してください。
    ・会場参加用のイベントページ:「イベントの開催形式」で「会場で開催するイベント」を選択し、会場名と会場住所を設定して地図を表示
    ・オンライン参加用のイベントページ:「イベントの開催形式」で「オンラインイベント」を選択
  • イベント詳細欄に、互いのイベントページURLを記載して相互リンクさせてください。



メリット:


デメリット:

  • 2つのイベントページで参加者を管理する必要があります。
  • 有料の集客サービスを利用する場合、イベントページごとに申し込む必要があります。
  • 販売代金の振込手数料(210円/1イベントページ)がイベントページごとに発生します。



2. 1つのイベントページで会場参加チケットとオンライン参加チケットを販売する場合


  • 会場参加チケットとオンライン参加チケットを、それぞれチケット券種を分けて作成してください。チケット購入者の誤解を招かないよう、それぞれのチケットが、[会場参加]/[オンライン参加]のどちらなのか、分かりやすくチケットを作成してください。
  • イベントページの会場は、会場住所を設定してください(地図を表示)。


メリット:

  • 参加者を1つのイベントページで管理できます。
  • 有料の集客サービスを利用する場合、1イベントページ分の申し込みで済みます。
  • チケット販売代金の振込手数料(210円/1イベントページ)が1イベントページ分で済みます。



デメリット:

  • 会場が「オンライン」に設定されないため、イベント視聴ページを利用できません。個別に参加者に視聴方法を連絡してください。参加者への連絡方法は参加者にメッセージを送信するをご確認ください。
  • ブラウザ版Peatixの「オンラインイベントを探す」の絞り込み検索結果に表示されませんので、会場を中心とした参加可能エリアに告知が限定されます。