イベント作成時に「イベントの開催形式」で「オンラインイベント」を選んだ場合、配信設定ページが展開され、チケットを申し込んだ参加者のみがアクセスできるイベント視聴ページが自動生成されます(イベント視聴ページの生成をオフにすることはできません)。

 

イベント参加者は、イベント視聴ページで、主催者が配信設定ページで入力した配信URLおよびお知らせを確認できます。

主催者もイベント視聴ページを確認することができます。その場合は、メニューバーから「視聴」ページにアクセスしてください。

 

 

参加者は、チケットお申し込み直後より、アカウント内で確認できる注文履歴、Peatixがお送りするお申し込み完了メールとイベント開始24時間前に自動送信されるリマインドメールから、イベント視聴ページにアクセスできるようになります。

イベント視聴ページにアクセスするには、チケットお申し込み時に利用したPeatixアカウントにログインする必要があります。有料イベントでコンビニ/ATM払いのお申し込みが支払い待ちの場合、参加者はイベント視聴ページに遷移することはできますが、埋め込まれているVimeo/YouTube画面や外部視聴ページのリンクボタン、主催者からのお知らせは表示されません。

 

主催者は、配信URLをイベント公開後に設定することもでき、設定したものを無期限に変更することも可能ですが、配信設定ページの「イベントへの参加方法を入力」の欄はイベント公開前に入力する必要があります。

 

配信URLをイベント公開時に設定しない場合:

配信URLを設定するまで、イベント視聴ページの「イベントに参加」ボタンは配信URLにリンクされません。

「イベントに参加」ボタンは無効の状態になりますので、「イベントへの参加方法を入力」の欄に、配信URLを設定する予定日時をあらかじめ記載してください。

 

 



外部リンクの配信URLを設定する場合:

配信URLが確定しましたら、イベント編集画面の「設定を編集」ボタンをクリックして、配信URLを設定してください。「イベントに参加」ボタンに配信URLがリンクされ、有効の状態になります。合わせて「イベントへの参加方法を入力」の欄に、参加に必要な情報を添えて更新してください。

 

 

 

Vimeo/YouTube画面を埋め込む場合:

配信URLが確定しましたら、イベント編集画面の「設定を編集」ボタンをクリックして、Vimeo/YouTubeの配信URLを入力してください。イベント視聴ページにVimeo/YouTubeの配信画面が埋め込まれます(Vimeo/YouTubeでライブチャットを設定している場合はライブチャットも埋め込まれます)。合わせて「イベントへの参加方法を入力」の欄に、参加に必要な情報を添えて更新してください。


 

なお、独自に配信URLや参加方法をメールで参加者に案内する場合は、その旨を「イベントへの参加方法を入力」の欄に記載してください。

 

配信URLおよび「イベントへの参加方法を入力」の欄の設定方法については、グループ/イベントを作成する(オンラインイベント)をご確認ください。

参加者の参加方法については、オンラインイベントに参加する をご確認ください。