イベント作成時に「イベントの開催形式」で「オンラインイベント」を選んだ場合、配信設定ページが展開されます。



参加者は、主催者が配信設定ページに入力した配信URLやイベントへの参加方法を、チケットお申し込み後にアクセス可能になるイベント視聴ページにて確認できます。


配信方法と配信URL

 

配信方法は、「外部リンク (全ての配信プラットフォーム)」あるいは「埋め込み(VimeoあるいはYouTube)」の2通りから選択できます 。

 

配信設定ページにて配信URLを設定することで、イベント視聴用URLを参加者に個別に連絡する必要がなくなります。イベントページ公開時にまだ配信URLが確定していない場合は、公開後にイベント編集画面から追加することが可能です。


外部リンク (全ての配信プラットフォーム)


外部リンクを選択した場合、イベント視聴ページに「イベントに参加」ボタンが表示されます。このボタンは、配信URLを設定することで有効の状態になります(配信URLを設定していない場合や削除した場合は、ボタンは無効になります)。参加者は、このボタンをクリックすることで、外部リンク先に移動し、配信を視聴できるようになります。

 

埋め込み(VimeoあるいはYouTube)

 

埋め込み(VimeoあるいはYouTube)を選択し、配信URLを設定した場合は、イベント視聴ページにVimeoあるいはYouTubeの配信画面が埋め込まれ、参加者はそのまま配信を視聴できます(外部サイトへ移動する必要はありません)。VimeoあるいはYouTubeでライブチャットを設定している場合は、ライブチャットもイベント視聴ページに埋め込まれます。

 

配信URLを設定していない場合(あるいは削除した場合)は、イベント視聴ページに表示されている「イベントに参加」ボタンが無効になり、「主催者が配信URLを設定していません」というメッセージが表示されます。


「イベントへの参加方法を入力」の欄

 

「イベントへの参加方法を入力」の欄(文字制限2,000文字)は入力が必須の項目です。ここに入力した情報は、イベント視聴ページに「主催者からのお知らせ」として掲載されます。利用する配信ツールの使い方や参加するために必要なID/パスワード、イベント当日のスケジュールなどを入力してください。配信に複数のプラットフォームを併用する場合は、それぞれの配信URLを記載してください。

 

「イベントへの参加方法を入力」の欄に入力した情報は、イベント公開後も変更できます。イベントページ公開時にまだ配信URLが確定していない場合は、「イベントへの参加方法を入力」の欄に配信URLを設定する予定日時をあらかじめ入力してください。

 

なお、配信URLやイベントへの参加方法を独自にメールで参加者に案内する場合は、その旨をメール送信予定日時とともに「イベントへの参加方法を入力」の欄に記載してください。

 

サンプルスクリーンショット

 

外部リンクを選択した場合


1. 配信URLを設定する場合



2. 配信URLを設定しない場合



埋め込み(VimeoあるいはYouTube)を選択した場合


配信動画の商用利用の可否やその他詳細については、各配信プラットフォームの規約をご確認ください。


※ オンラインイベントの作成方法については、こちらのヘルプページをご覧ください。

 

※ オンラインイベントの参加方法について、参加者からお問い合わせがあった場合は、以下のヘルプページへのリンクをお渡しください。

オンラインイベントに参加する