※推奨ブラウザであるChromeもしくはSafariの最新版をご利用ください。



初めてイベントを作成する場合、まずグループの作成が必要です。イベントはグループの中で開催されます。




グループとは?


何度もイベントを開催していると、グループやコミュニティ、ファンクラブといった、継続的なつながりも多く生まれます。「グループ」機能は、コミュニティの主催者と参加者のつながりを強化するものです。イベントの内容や参加者の属性に応じてグループを作成してください。



グループの作成方法


1.ピーティックスアカウントを作成するか、外部サービス(Facebook/Twitter/Google/Apple)アカウントでログインし、「グループを始める」をクリックしてください。

※既存のグループがある場合、同じグループで新しいイベントを作成できます(グループ作成は不要です)。


2.「グループを作成」をクリックして、グループを作成してください。

アカウント登録メールアドレスの認証を求められた場合は、こちらの手順に沿って認証を行ってください。


3.グループの作成画面が表示されます。グループページには以下の登録ができます。

  • ロゴ(サイズ:400 × 400px、形式:JPEG、PNG、GIF
  • カバー画像(サイズ:1440 x 360 / 1280 x 320 / 960 x 240px、形式:JPEG、PNG、GIF
  • VimeoやYouTubeの動画リンク
  • グループの紹介文(どんなイベントを開催しているか、あるいは開催する予定があるかを入力)
  • グループ専用のカスタムURLURLに「_」アンダースコア、「.」ドット、「/」スラッシュは使用できません


上記の内容を登録できたら、画面下部の「グループを作成」をクリックしてください。


※1つのアカウントで複数のグループを管理することも可能です。



参加者はグループページまたはイベントページ、およびチケット申し込み時の確認画面からグループをフォローすることができます。


グループのフォロワーになると、

  • ピーティックスから自動で配信される「新規イベント公開通知メール」や「イベント開催72時間前通知メール」が受け取れます。
  • グループページのフォロワー一覧画面に表示名が表示されます。


主催者から、フォロワーにお知らせのメールを配信することも可能です。グループページを充実させることで、より多くのフォロワーを獲得することができます。



イベントの作成方法


グループの作成が完了したら、グループページ上部にある「グループ / イベントを始める」や画面右上にある「イベント作成」、「開催予定のイベント」内にある「イベントを作成」をクリックしてイベント作成画面へ移動します。


オンラインイベント(会場を持たないイベント)の場合、グループ/イベントを作成する(オンラインイベント)をご参照ください。

イベントを会場で実施し、オンラインでも配信する併用の場合は、会場開催・オンライン併用(ハイブリッド)イベントの作成方法は?をご参照ください。



1.基本情報の入力


最初にイベント名とイベント日時を登録してください。開始日時の左下にある国名をクリックすると、開催国が変更できます。


※イベント公開後に開催国を変更することはできません。開催国により、チケット販売代金の受取通貨や受取方法が決まっています。ご自身が受け取り可能な状態にあるか十分ご注意ください。詳しくは、国際イベントの利用料金・手数料とチケット販売代金の受取方法についてをご参照ください。


会場でイベントを開催する場合、「イベントの開催形式」で「会場で開催するイベント」を選んでください。

会場名を入力すると、会場住所と地図が表示されます。地図が表示されない場合は、ビル名等を住所から削除し、会場名に含めてください。


関連ページ:

複数回開催のイベントの作成方法は?



2.チケットの作成


1)チケットを作成します。「有料チケット」、「無料チケット」、「チケットなし」のいずれかを選択してください。チケットを作成する場合、チケット名、金額(有料チケットのみ)、販売予定枚数を入力してください。チケットは複数種類作成できます。


事前の申し込みが不要のイベントの場合、「チケットなし」を選択すると、チケットを作成せずにイベントを公開できます。


<注意点>

・チケットの金額は税込価格で記載してください。


・当日払いを希望の場合、無料のチケットを作成し、チケット名にチケット金額と「当日払い」を記載の上、代金は現地で回収してください。

例)チケット名:入場チケット (3000円 当日払い)


・販売予定枚数はいつでも変更できますが、チケット名、金額の変更はできません。チケット名や金額の変更を希望の場合は、いったん既存のチケットを削除し、新たにチケットを作成してください。なお、イベント公開後、買い手が付いたチケットは削除できません。


関連ページ:

イベント全体の定員を設定することはできますか?




2)チケット種別は左側の矢印をドラッグすると並べ替えができます。最大31種別まで並べ替えることが可能です。



3)「設定」ボタンから、各チケットの設定ができます。

販売開始日時や終了日時(早割チケット等)の設定を希望の場合、販売期限の設定方法をご参照ください。

割引コードの発行も可能です。詳しくは、割引コードの発行方法をご参照ください。


4)チケット共通設定を確認してください。


営利目的のチケット販売

該当する場合はチェックを入れ、特定商取引法に基づく表記のURLを入力してください。

詳しくは、特定商取引法の改正に関して、どのような対応が求められますか?をご参照ください。


イベント全体の販売期限

初期設定は、イベント当日まで販売となっています。コンビニ/ATMでの支払いは設定した販売期限の前日までの受付になります。詳しくは、販売期限の設定方法をご参照ください。


チケットごとの購入可能枚数

初期設定では、1回の申し込みでチケットごとに購入できる枚数は最大6枚になっています。

例:チケットA、チケットB、それぞれ6枚まで1回の申し込みで購入できる


なお、以下の設定を希望の場合は、お問い合わせください。

1.複数の券種があり、券種ごとに異なる購入可能枚数を設定したい場合

 例:チケットAは2枚まで、チケットBは3枚まで、1回の申し込みで購入できる

2.複数の券種があり、すべての券種の合計で購入可能枚数を設定したい場合

 例:チケットA、チケットB合わせて1回の申し込みで合計5枚まで購入できる


支払い方法

クレジットカード(VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Discover/Diners Club)は必須です(無効にすることはできません)。
「コンビニ/ATM」、「PayPal/銀行口座振替」の利用を希望しない場合は、チェックを外してください。


「コンビニ/ATM」は、注文1件あたり220円の手数料が購入者負担となります(この手数料は、購入者都合によるチケットキャンセルの場合も、主催者都合によるイベントキャンセルの場合も、購入者には返金されません)。


なお、参加者から注文キャンセルを受け付ける場合は、返金手数料340円を差し引いた金額が購入者に返金されます。チケット代金が340円以下の場合はキャンセルできません。詳しくは、チケットのキャンセル依頼に対応するをご参照ください。

※イベント公開後、支払い方法の変更はできません。

 

チケットの譲渡

参加者が知り合いにチケットを譲渡できる機能です。チェックを外すと、申し込み枚数に関わらずユーザーはチケットを譲渡できなくなります。 詳しくは、チケットの譲渡についてをご参照ください。



3.詳細の設定


詳細画面では、カバー画像やイベント詳細などを登録できます。


カバー画像

「カバー画像を追加」をクリックし、ファイルを選択してください。


イベントページのカバー画像は、おすすめイベントメールやカテゴリー検索ページに表示されます。イベントページに訪れた参加者が最初に目にするので、イベントのイメージを伝えるために非常に重要です。詳しくは、カバー画像の設定方法をご参照ください。


<注意点>

・サイズは、920px x 450pxです。

・使用できるファイル形式は、JPEG、PNG、GIFです。PDFやTIFは使用できません。

・イベント詳細に画像を挿入する場合は、カバー画像と合わせて1回の保存あたり5MBまでとなります。


イベント詳細

イベントの内容など詳細情報を入力してください。詳細欄には画像やリンクを追加することができます。

詳細欄は、イベントの集客力を左右する重要な部分であると同時に、参加者から予想される質問と回答を記載することで、問い合わせやトラブルを回避できます。


下記の記事を参照し、効果的なイベント詳細欄を作成してください。

イベント集客のコツ、押さえるべき10箇条

参加者からの問い合わせ・トラブル回避術

参加者からのよくある質問は?


画像の入れ方:メニューバーの「画像の挿入・編集」をクリックし、ファイルを選択してください。

- ファイル形式:JPEG、PNG、GIF形式

- 画像ファイルサイズ:1枚あたり5MBまで(※ カバー画像と合わせて1回の保存あたり5MBまで)

- 横幅の最大:430px

- 枚数:制限なし


動画の入れ方:メニューバーの「YouTube動画の挿入」をクリックし、YouTube動画のURLを入力してください。


リンクの入れ方:リンクさせたいテキストを選択し、メニューバーの「リンクの挿入・編集」をクリックします。リンクさせたいURLを入力し、「OK」をクリックして完了です。


※イベント詳細は入力必須です。

※太字、赤字等の指定ができます。

※HTMLタグは利用できません。


フォーム

フォーム機能を使うと、チケット購入時に参加者から必要な情報を取得できます。


主催者に開示される参加者の情報は名前(カナ)のみです。参加者のメールアドレスや住所等の情報が必要な場合は、フォームを設定してください。詳しくは、フォーム機能で参加者から必要な情報を取得するをご参照ください。


※フォームで取得したすべての情報は、イベント終了から30日後に自動的に削除されます。


イベントのプライバシー設定

特定の人にだけイベントをお知らせしたい場合は、「限定公開」または「パスワード保護あり」のプライバシー設定に編集できます。

なお、いったん限定公開」または「パスワード保護あり」設定でイベントを公開した後、一般公開イベントに変更することもできます。一般公開前に関係者のみで動作確認する場合などに便利です。

ただし、一度限定公開した後に一般公開される場合、 グループフォロワーに新規イベント公開のお知らせは自動通知されません。

詳しくは、特定の人だけにイベントを告知できますか?をご参照ください。


イベントURL

イベントページを独自のURLにすることができます。(末尾はpeatix.com)

※一度公開されたURLは2度と使用できませんのでご注意ください。

※URLに「_」アンダースコア、「.」ドット、「/」スラッシュは使用できません。


イベントページに表示する参加者情報

ボックスにチェックを入れると、イベントページに参加者数と参加者名が表示されます。参加者名は参加者のアカウント名(ニックネーム)となります。なお、非表示に設定しても、主催者の管理画面では申し込み人数、参加者の確認は可能です。


緊急連絡用電話番号

緊急連絡用電話番号は、必ず入力する必要があります。数字とハイフンのみを入力してください。国番号は不要です。



4.プレビュー、カテゴリーを選択して公開


イベントの作成が完了したら、画面下部にある「保存してプレビュー」ボタンをクリックし、イベントページに表示される内容の確認をしてください。「編集」ボタンをクリックすると、イベント内容を変更できます。

関係者内でイベントページを確認したい場合は、「URLをシェア」をクリックした後に表示されるURLを配布してください。このURLを知っている人だけがプレビューページにアクセスできます。

なお、作成したチケットはプレビューで確認できますが、チケット申し込みの動作確認はできません。チケットを申し込む流れや設定したフォームの表示を確認したい場合は、「パスワード保護あり」の設定でイベントを公開することをおすすめします。詳しくは、テストページの作り方をご参照ください。



イベント公開の準備が整ったら、「カテゴリーを設定して公開」ボタンをクリックします。

※検索カテゴリーは、開催国が日本、シンガポール、あるいはマレーシアに設定されているイベントにのみ設定できます。その他の開催国のイベントページにはカテゴリーを設定できません(「カテゴリーを設定して公開」ではなく、「公開」ボタンが表示されます)。

 

カテゴリーの設定については、イベントにカテゴリーを設定して公開するをご参照ください。